« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008/02/29

官製ワーキングプアへ労組が本腰 告発者を募集(asahi.com)

 お昼休み中、こんにちは。

 朝日新聞のホームページサイトasahi.com「コミミ口(クチ)コミ」に、国公一般の活動が報道されています。
 題して「官製ワーキングプアへ労組が本腰 告発者を募集」。

 いま霞が関では、非常勤国家公務員(履歴書と面接のみでの採用)が、かつて正規国家公務員が行っていた基幹業務に携わっています。なかには、サービス残業を強いられている方もいます。しかし、同じ仕事をしているにもかかわらず、日々雇いの任用、賃金額は、「物品費」から「掴みガネ」のような感じで、各省庁バラバラです。休日などの差別あつかいも大問題です。

 ブログ読者のみなさん、みなさん、応援してください。
 同一労働同一処遇の流れをもっと大きく!!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008/02/28

財団法人に対して、団体交渉の申し入れを行いました。

 A省管轄B財団法人に団体交渉を申し入れました(2月28日)。
 おもな議題は、臨時職員の正社員化要求です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/02/23

いま労働相談に取り組んでいます。

 おはようございます。

 いま国公労連本部は、全国、各省庁で働く正規職員、非常勤職員、派遣・請負労働者からの労働相談にとりくんでいます。年度末、雇い止め・解雇、いじめ、パワハラ・セクハラ、賃金カット、病気休職……さまざまな相談が寄せられ、全力で解決に向けて活動しています。
 Photo


| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/02/18

3月末任期切れの非常勤職員さんへの呼びかけ「霞が関の労働実態を告発してください」。

 おはようございます。

 霞が関で働く非常勤国家公務員のみなさんにお願いがあります。
 
 来月3月5日(水)午前10時からお昼まで、国と地方の公務員、教員の労働組合の共同団体である「公務労組連絡会」が、「なくせ貧困! 官製ワーキングプアなくせ告発集会」(仮)を、国会議員会館にて開催します。

3

 この集会の目的は、非常勤・臨時公務員の労働実態と低い労働条件を、国のおひざもとである霞が関・国会議員会館において、国会議員の先生方とマスメディアのみなさんに告発することです。

 国公一般も参加いたします。
 
 それで、この年度末3月末で任用切れ(雇い止め)となる非常勤国家公務員のみなさんのなかで、これまでの経験をもとにして霞が関の労働実態と労働条件、セクハラ・いじめ、上司の酷さなど告発することの出来る方がおられれば、ぜひ、発言してほしいというお願いなのです。

 マスメディアの方には、匿名・写真撮影不可の取材をお願いしますので、あなたの個人情報が各省当局に漏れることはありません。万が一、漏れたとして、今後の進路に不利益が生じるような因果関係が明らかになった場合は、国公一般は当局と全力でたたかい、賃金の保障を求めていきます。

 集会は平日の午前中に開催されますので、交通費と日当額1万円をお払いします。
(先日の第5回執行委員会で確認・承認されました)

 発言は、たいへん勇気のいることと思います。
 決死の覚悟が必要だと思います。

 もし、あなたが、失意のうちに雇い止めによって霞が関を離れるのならば、これから入省する後輩のために、何か一言、各省庁当局に対して、労働組合を通して、拡声器として、伝えてほしいと思います。

 Photo_2

 よろしくお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/02/15

レジュメ「非常勤国家公務員の労働実態をつかみ、正面から組合加入を呼びかけよう」

 おはようございます。

 先週、大阪に行きまして、話をしてきたのですが、以下がレジュメです。
 新しい論点としては、4.「労働組合加入の訴え」をためらっている役員のみなさんへ、です。
 この間、いろいろなところで出されている意見についてまとめ、答えました。


大阪国公第3回組織拡大推進学習会 
お話「非常勤国家公務員の労働実態をつかみ、正面から組合加入を呼びかけよう」 
                          080210  国家公務員一般労働組合

1.はじめに 自己紹介と組合紹介(資料1)――「毛布のような」労働組合をめざして
第5回大会スローガン「法律と制度を学んで強くなろう」 →組合員の感想

2.国の機関で働く非常勤職員の労働実態――非常勤職員なしでは国家公務は回らない
・全国で15万人 常勤化防止の閣議決定(S36)と人事異動通知書 (資料2)
・給与法22条・人規15-15 (資料3)
・国公一般の07年度調査(資料4) 霞が関(本省)状況が初めて判明  約2万人
・霞が関からの声 かもがわブックレット『公共サービスが崩れていく』から
「なんちゃって公務員」コピー・お茶くみ・掃除から問い合わせ、審査、許可、指導業務まで
経済産業省のホームページ 非常勤募集のページ参照
→繰り返される「雇い止め」で「公平・中立・専門・恒常・機密」性は担保されるのか?

3.待遇改善に向けたとりくみ――労働相談にとことん付き合い、国民に向けた言葉で告発
・本省非常勤職員の労働条件(特許庁=資料5、厚生労働省、財務省ほか)
・国公労連と人事院 07年春の団体交渉「どういう実態になっているのか調査する」
→07人事院勧告で初めて非常勤国家公務員の「給与等」に言及 (資料6)
→民主・共産の国会議員が人事院・総務省を追及(衆院総務委員会) (資料7)
○労働相談から始まった国公一般の組織化とたたかい (資料8)
年間60件、団体交渉10件 正職員、非常勤、派遣・請負、財団・社団職員まで

4.「労働組合加入の訴え」をためらっている役員のみなさんへ
・この間、あちこちから出ている意見の紹介
組合無力論/「3年雇い止め」論/非常勤「腰かけ」論/「予算の壁」論/「組合費」問題


○21世紀を生きる公務労働運動の挑戦――国公労連全国討論集会(07年12/7-8)を受けて
「まともな労働組合へ」の問題提起→「自分だけ貧困双六からアガリでいいのか」の問い
○相次ぐ非常勤公務員の裁判  国立情報学研究所/国立病院/国立大学法人/ゆうメイト
○国公一般への注目 (資料9)
○08春闘の焦点――正規職員と非正規職員との連帯はできるのか?
・全経済特許庁支部と全国税高岡支部のたたかい(資料10)
○薬害肝炎訴訟の運動から学ぶこと(資料11)

                                    以 上

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/02/06

霞が関同時多発リーフ配布

 こんにちは。

 今朝はとても冷たく、宣伝中、霞が関にも雪が舞い降りました。
 国公一般は、国公労連がとりくむ「なんでも労働相談」の周知宣伝に参加しました。
 詳しいことは、後日、書きますが、写真だけアップしておきます。

 内閣府別館前(向こうに国会議事堂が!)
 Senden1

 首相官邸前(福田首相は知るよしもない)
 Senden12

 最近帰還した文科省前(懐かしいブロック仕様は残されました)
 Senden2

 人事院前(あなたが非常勤職員のルールをきちんと制定・監視しないから、「官製ワーキングプア」と批判されるのです)
 Senden3

 ついでに厚労省前に続く道でも(宣伝カーを使って)
 Senden5

 この1時間余の宣伝には、30人をこえる組合員が参加し、約2000枚のリーフが配布できました。
 みなさん、ご協力ありがとうございました。

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008/02/05

リーフ「非常勤職員のチェックポイント」が出来ました!!

 こんにちは。

 たったいま、印刷所から届きました、見開きリーフ「非常勤職員のチェックポイント」。

 「各省庁がやらないのなら、労働組合・国公一般がやりますっ!」ていうことで、国の機関で働く非常勤国家公務員ための労働条件と権利をわかりやすくまとめました。
Photo_4

 見開きのページには、身分・賃金・休暇・セクハラとパワハラ(いじめ)という4項目を掲載しました。本当は公務災害や保険なども書きたかったのですが、最小限に絞りました。
Photo_5
Photo_6

 読みたい方は、電話かメールか連絡下さい(リーフは無料ですが、郵送料はご負担下さい)。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/04

出張続き

 こんばんは。

 今朝7時ごろ名古屋発の新幹線で東京に向かい、着替えもせず、そのまま仕事(笑)。

 今週末は大阪、来週末は京都……、と出張が続きます。

 自宅マンションのワンルームには、洗濯していない衣類の山(明日はいてくる靴下がない! 下着はあと3枚ぐらいある!)、シャツやスーツはクリーニング店に取りにいけていない、どうしよう。

 明日は、団体交渉の打ち合わせ。今週も踏ん張りましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »