« レジュメ「いまこそ非常勤職員を国公労連の仲間に」 | トップページ | 対談「公務の最前線で連帯を考える」 »

2007/12/10

働く人の法律相談(「朝日」夕刊)

 こんばんは。

 朝日新聞の夕刊連載に、「働く人の法律相談」の欄があります。
 僕は、これを切り抜いて、団体交渉のときの武器にするのですが、今夕は、旬報法律事務所の雪竹奈緒弁護士が、「公務員の雇い止め」をテーマに解説しています。

 雪竹弁護士は、国立情報学研究所の非常勤国家公務員、東京都中野区の非常勤保育士の「雇い止め」裁判のたたかいの到達をふまえて、「非正規公務員の雇い止めの違法性はなかなか認められないものの、合理性のない安易な雇い止めは許されないという考えが広まりつつあるでしょう」と述べています。

 この件については、僕も、後日、考えをまとめて書きたいと思います。

|

« レジュメ「いまこそ非常勤職員を国公労連の仲間に」 | トップページ | 対談「公務の最前線で連帯を考える」 »

コメント

こんにちは(^^;)

朝日新聞の「働く人の法律相談」ですね。
何時の記事か教えて頂けますか?
帰宅途中にでも図書館へ行って、読んできたいと
思います。

むっちゃ、忙しい時に無理をいいまして、すいません。

投稿: ねここ | 2007/12/11 午後 02時08分

 ねねこさん、お疲れさまです。
 雪竹弁護士の書いた「公務員の雇い止め」は、12月10日付です。

投稿: ねねこさん←国公一般担当者 | 2007/12/12 午後 02時26分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 働く人の法律相談(「朝日」夕刊):

« レジュメ「いまこそ非常勤職員を国公労連の仲間に」 | トップページ | 対談「公務の最前線で連帯を考える」 »