« 労働相談の返事は、もう少しお待ちください。 | トップページ | 社団・財団法人改革、営利事業の課税強化 »

2007/12/04

特許庁の労働組合で話してきました。

 こんばんは。

 たったいま、経済産業の管轄である特許庁にて、特許庁の労働組合から呼ばれて、講演「いまこそ非常勤職員を国公労連の仲間に」を終えてきたところです。

 疲れましたが、心地よいものがあります。

 なぜなら、非常勤職員を含む18人の職員が集まってくれ、僕の話に耳を傾けてくれたからです。
 話し終わった後、職場のリアルな実態が次々と寄せられました。

 後日、詳しい内容はアップしますが、特許庁の労働組合が、広く職員のために活動している姿が伝わってきました。

 本当にありがとうございました!!

|

« 労働相談の返事は、もう少しお待ちください。 | トップページ | 社団・財団法人改革、営利事業の課税強化 »

コメント

浅尾さん、特許庁支部委員長の増澤です。
昨日はありがとうございました。
2月の定期大会では、非常勤(アルバイトさん)を組合員として、迎え入れる規約改正を具体的に行い、組織化して、
彼らの要求をもっと運動化するつもりです。
今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: 増澤 | 2007/12/06 午前 12時02分

 増澤さん、こちらこそ、本当にお世話になりました。特許庁の労働組合のみなさんが、過酷な勤務のなか(僕の講演と交流会が終わった午後9時以降にも、たくさんの職員さんがお仕事をされていましたね)で、ふんばって組合活動をしていることが分かりました。

 そして、年配の組合員が、職場の若い非常勤職員さんに声をかけ、誘って参加してくれた姿にも感動いたしました。
 正規・非正規の違いはありますが、世代の継承ということを考えました。

 今後ともよろしくお願いします。

投稿: 増澤さん←国公一般担当者 | 2007/12/06 午後 12時13分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 特許庁の労働組合で話してきました。:

« 労働相談の返事は、もう少しお待ちください。 | トップページ | 社団・財団法人改革、営利事業の課税強化 »