« 寺田学議員(民主)VS人事院、総務省 | トップページ | 「うりゃさん」へ »

2007/11/27

組合が会社と御用組合を訴える。

客室乗務員194人が日航提訴=個人情報収集で賠償請求-東京地裁(時事通信)

 日本航空の最大労組「JAL労働組合(JALFIO)」が客室乗務員の個人情報を無断で収集していた問題で、「日本航空キャビンクルーユニオン」(CCU)と同組合に所属する乗務員ら194人が26日、「プライバシーを侵害された」などとして、日本航空インターナショナルとJALFIOなどを相手に総額約4800万円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こした。
 訴状によると、JALFIOは1996年ごろから、別組合に所属する客室乗務員らの個人情報をまとめたリストを作成。氏名、住所のほか、結婚・離婚歴、出産日、支持政党など158項目にわたる情報が記載されていた。
 リストには、「シングルマザー」「バツイチ」などのほか、「流産」と書かれた人もいた。生活状況や評価に関し、「独身で私生活が乱れている」「役立たず」「バカ」などの記述もあった。
 JALFIOは個人情報の一部について、管理職社員らから入手したと発表、日本航空側は関与した社員を処分した。原告側は、JALFIOと同社が違法に個人情報を集め、客室乗務員らのプライバシー権を侵害したと主張している。 

|

« 寺田学議員(民主)VS人事院、総務省 | トップページ | 「うりゃさん」へ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 組合が会社と御用組合を訴える。:

« 寺田学議員(民主)VS人事院、総務省 | トップページ | 「うりゃさん」へ »