« 僕らは化石みたいな存在だった。 | トップページ | 「国家公務員法改正法」の成立にあたって(談話) »

2007/07/02

社会保険庁改革関連法案の成立に強く抗議する(談話)

社会保険庁改革関連法案の成立に強く抗議する(談話)

2007年6月30日
日本国家公務員労働組合連合会
書記長 岡部 勘市

 与党は一昨日、参議院厚生労働委員会において、社会保険庁関連法案をまたも強行採決し、本日未明、参議院本会議において、可決・成立させた。再三にわたる強行採決は、数の暴力と言うべき民主主義への冒涜であり、満身の怒りを込めて抗議する。

 社会保険庁によるずさんな年金記録管理により、国民の年金制度に対する不安と不信、怒りが渦巻いている。いま国が行うべきは、こうした問題がいかなる原因で生じ、その責任はどこに存在するかを徹底的に究明することである。政府は、総務省に年金記録問題検証委員会を設置したが、ようやく議論が開始されたに過ぎない。年金記録の突合作業も、いつ完了するかさえ、なお不透明な状態だ。そうした中で、社会保険庁を解体し、民間事業者に業務委託することは、年金記録管理の責任を曖昧にするもので、国の責任放棄以外の何物でもない。

 与党は、参議院での審議時間が、衆議院を上回ったことを採決の理由としている。しかし、衆議院厚生労働委員会は、法案採決後も年金問題が議論されており、年金問題の議論を恐れ、与党は委員会を開会できず、労働関連三法案の審議を行えない実態にあった。審議が尽くされたなどと、まったく言えないことは、与党の国会対応が如実に物語っている。

 衆参両院を通じ、法案審議は年金記録管理にその大半を費やした。ところが、法案の直接的な問題点は記録管理ではない。年金業務の運営を民間委託することや、強制徴収業務の国税庁への委託が、いかなる影響をもたらすかは、まったくと言って良いほど解明されていない。また、国民年金保険料滞納者に対し、別制度の国民健康保険において、短期の保険証を交付することは、国民を医療から遠ざける許し難い制裁措置であるが、多くの国民には、そうした法案が提出されていることすら浸透していない。

 また、法案は、社会保険庁職員の雇用継承を行わず、政府は分限免職もあり得ることを再三答弁している。これは、組織改編さえ伴えば、いつでも公務員労働者を解雇できる道筋をつけるものであり、断じて容認できるものではない。

 このように、数々の問題を放置したまま採決を強行したことは、「改革」イメージで参議院選挙を有利にたたかおうとする与党の党利・党略そのものである。老後の命綱である公的年金を、政争の具とした与党の責任はきわめて重い。
 国公労連は、法案の問題点を引き続き広範な国民に明らかにし、国民の年金受給権はもとより、いのちと暮らしを守るたたかいに全力で奮闘するものである。

                                          以 上

|

« 僕らは化石みたいな存在だった。 | トップページ | 「国家公務員法改正法」の成立にあたって(談話) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 社会保険庁改革関連法案の成立に強く抗議する(談話):

» 年金記録の回復、申し込み1万件も…2カ月でやっと100件 [厚生年金 国民年金 中高年の年金対策講座]
年金記録の回復、申し込み1万件も…2カ月でやっと100件 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070910-00000107-mai-bus_all 領収書など保険料納付の証拠がない場合の年金給付を判断する総務省の「年金記録確認中央第三者委員会」は10日、新たに9件の記録を訂...... [続きを読む]

受信: 2007/09/10 午後 11時13分

« 僕らは化石みたいな存在だった。 | トップページ | 「国家公務員法改正法」の成立にあたって(談話) »