« 霞が関情報を更新しました。 | トップページ | 首相官邸下で激突!! »

2007/07/31

機関紙「国公いっぱん」第30号のコラム

 こんにちは。
 
 この前の日曜日、世間的には投開票日でしたが、僕は、黙々と機関紙「国公いっぱん」第30号を作っていました。自民党が負けようが民主党が勝とうがまったく関係ないと思っていたし、実際、選挙活動中、労働相談メールが連日のように国公一般に寄せられるし、相談のポイントを検討したうえで団体交渉の申し込みのファクスを省庁や社団法人にどんどん送るし(笑)、開催された団体交渉では、相手側の役員や弁護士たちと真摯(しんし)な話し合いを重ねてきた。
 
 政治がどうなろうと、労働トラブルはなくならないし、新しい国会議員たちは、ほとんど働いた経験がないから労働問題になんか目を向けない……。


 そんで、明日の早朝、内閣府前で配布する機関紙「国公いっぱん」第30号のコラムを紹介します。日曜日の開票情報を報道するテレビを見ながら、サクサクッと書いたものですが、これが僕の拙(つたな)い認識です(笑)。

【霞が関メモ】
過日の参院選挙で安倍自公政権は歴史的大敗を喫した▼教基法の改悪・改憲手続き法案の強行、消えた年金、政治とカネ、閣僚の暴言など敗北の原因はたくさんあるが、国民がこれほどストレートに怒りを投票行動に直結させた選挙を知らない▼一人区で民主党が競り勝つなど国民の怒りは全国的で、農業再興や格差是正など投票行動には明確な理由があった▼自公と民主が「悪政のキャッチボール」を始める二大政党制への危ぐは残るが、今回爆発した国民の怒りは、そうした漫然とした国会運営を許さない厳粛さがある。心せよ、国会議員!

|

« 霞が関情報を更新しました。 | トップページ | 首相官邸下で激突!! »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 機関紙「国公いっぱん」第30号のコラム:

« 霞が関情報を更新しました。 | トップページ | 首相官邸下で激突!! »