« 労働相談の現場。 | トップページ | 「週刊金曜日」が報道!! »

2007/03/28

お疲れ様会(労働紛争解決)。

 こんばんは。
 
 Kumiai

 今夜は、午後6時半から労働紛争の解決を記念して、組合員と「お疲れ様会」を開きました。
 労働紛争を円満解決に導いていくためには、組合員の団結が一番に大切で、そのためだけに、組合オルグをしている僕の才能は発揮されなければならない(と言って言い過ぎではない)。
 今回、約5カ月にわたって展開した労働紛争は、組合員10人という大所帯で、それぞれの組合員の意見や思いを尊重しながら、全体の「和」を保ち、一人も欠けずに納得のいく解決に導くことが出来たという点で、本当に気持ちのいいたたかいだった。

 国公一般の僅(わず)かな財政から、お寿司とビールとウーロン茶を用意し、それを囲むかたちで、ささやかな「お疲れ様会」が始まった。
 組合員は20代の女性たちが中心で、彼女たちは、最初は、労働組合の「ろ」の字も知らなかったという。
 
 Aさんは、「……組合に入ろうと呼びかけたのは、よく考えると、わたしの一言からなんですよね」と苦笑いした。
 昨年の暮れ、いま付き合っている彼のお父さんに会ったとき、江戸っ子のお父さんから「Aちゃん、仕事、順調かい?」と訊(き)かれて、ちょうど解雇通告を受けたばっかりだったAさんは「実は、お父さん……、あの……」と職場の状況を打ち明けることになったというのだ。
 お父さんは、Aさんの悔しい思いを聞き、「そんなの、いかん、いかんよ」と首を振ったという。そうして「そんな会社のやり方、黙って泣き寝入りして許しちゃいかんよ」と言ったのだ(笑)。
 自営業を営んでいるお父さんは、日ごろから権利を行使しなければ商売は出来ないと考えている人らしく、お父さんの言葉が弱気だったAさんの背中を押したのだ。
「それで、労働組合に相談してみようと思ったのです。だけど、こんなふうに展開していくとは予想もしていませんでした。本当にありがとうございました!!」
 
 僕は、「とにかく10人の仲間が一人も脱落せずに会社と団体交渉を重ねたことが、本当に大きな力だったと思うよ」と言った。国公一般の委員長は、「団体交渉を経験し、労働基準監督署にも相談に行き、最後には東京都の労働委員会のあっせんを利用し、そうして解決を迎えた。みなさんは、労働関係調整法こそ行使しなかったけれど、労働組合法と労働基準法を十分に生かすことになったと思うよ」と励ました。

 Bさんは言う。
「すべてが初めての経験でした。団体交渉や労働委員会のあっせんなどで、自分の意見を会社に伝えることが出来ました。これからの人生にきっと役立つと思う。今後ともよろしくお願いします」
 Cさんは、「本当にありがとうございました。今回、初めて労働法というものを勉強しましたが、もしかしたら中学や高校の公民とか現代社会とかで学んだかも!?って思ったりしましたが、ちゃんと教えてもらった記憶がないんですよね。これからの教育では、きちんと労働法について教えてあげて欲しい。わたしたちが声をあげたことは、会社にとってもよかったのではないでしょうか」と言う。
 Dさんは、「最後まで、みんなで団結出来たことがよかったな。最後まで、わたしを仲間の一人として見捨てないでくれたことが、本当に感謝です」と笑った。

 僕は、このたたかいのなかで、「日本国憲法と労働組合法で保障された団体交渉こそ、会社と働く者が対等に話し合える場だ」ということを繰り返して伝えてきました。言い換えると、「一人や二人で勝手に会社の管理職に文句を言っても駄目だよ」ということでした。
 会社の仕打ちに困り切って労働組合と出会う、そして団体交渉を通じて問題が解決していく、会社は同じようなトラブルを起こさないように今後の対応策を敷く……、これが本来あるべき労使関係だと思っている。

 最後に、国家公務の職場を離れていく組合員には、首都圏青年ユニオンのリーフレットを手渡し、「何かあったら、この組合に連絡したらいいよ。僕も組合員としてサポートしているから」「困ったときに連絡するのでは遅いかもしれない。みんなと同じような若者たちがユニオンを運営しているから、いまから一緒に活動出来たら嬉(うれ)しいな」「労働組合に入って、制度と法律を学ぶことが、これからの社会をサバイバルするために不可欠だよ」と訴えさせてもらいました。
 そうしたら、Eさんが「わたしは、とりあえず、がぶりさんの携帯電話番号とメールアドレスを忘れずに保管しておきますよ」と言ったので、みんな大笑いすることになりました。

 みなさん、本当にお疲れ様でした。
 これからもよろしくお願いします。

|

« 労働相談の現場。 | トップページ | 「週刊金曜日」が報道!! »

コメント

 阿部先輩、このブログ記事、最高っス!! 僕も頑張るっス。

投稿: 阿部先輩 | 2007/03/29 午後 11時39分

 阿部先輩さん、コメントありがとうございます。

 飯野くん、今後ともよろしくお願いするっス!!

投稿: 国公一般担当者 | 2007/05/08 午前 10時11分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お疲れ様会(労働紛争解決)。:

« 労働相談の現場。 | トップページ | 「週刊金曜日」が報道!! »