« 公務員総人件費削減への反撃を強めよう(声明) | トップページ | いま読んでいる本 »

2006/03/24

たたかう人の笑顔

 本日午前10時過ぎ、東京地裁636法廷へ遅れて入ってきた原告女性を待っていた判決は、彼女の労働者としての地位を確認し、国の任用打ち切りのやり方を「誠実に行っていない」と認定するものだった。裁判官の読み上げる「主文」が、これまでたたかってきた女性(ひと)の緊張した表情を、一瞬のうちに、大きな笑顔に変えた。20人も入らない小さな傍聴席は、判決の画期的な内容にどよめいた。サポーターたちは、小躍りするのを抑えて喜び合う。
 言わずと知れた(このブログで再三書いてきた)、元国立情報学研究所の非常勤職員が、国による一方的な「雇い止め」は許されないと訴えていた裁判の判決日だった。
 よかった、本当によかった。

 僕のまどろっこしい文章は脇において、朝日新聞の速報をネットから転載しよう。

 「非常勤公務員の再任拒否は無効」東京地裁が初判断  
                               2006年03月24日20時01分
 任期付きで国立研究施設に採用され、13回の更新を繰り返した非常勤職員(39)が14回目に一方的に再任を拒否されたのは不当だとして、国(現在は民間法人)を相手に職員としての地位確認と未払い賃金支払いを求めた訴訟で、東京地裁の山口均裁判官は24日、職員側の主張を全面的に認める判決を言い渡した。
 労働問題に取り組む弁護士グループによると再任拒否された任期付き公務員の地位確認が裁判で認められたのは初めて。原告代理人の弁護士は「非常勤公務員の立場に理解を示した画期的な判決」と話した。
 原告は89年に国立情報学研究所(現情報・システム研究機構)に任期1年で採用され、更新を繰り返した女性。04年の民営化を前に03年3月、再任拒否された。
 民間では「次も更新できる」という期待がある場合の一方的解雇は「権利乱用や信義則違反にあたる」とのルールが確立しているが、公務員では任用側の裁量が民間より大きいとして認められてこなかった。
 判決は「更新を重ねるたびに増す愛着を職場に生かす重要さは同じ」と述べ、特段の事情がある場合は更新を拒絶できないと判断した。
(記事はここまで)

 記事は触れていないが、山口裁判官が強調したのは、国が任用打ち切りの告知をせず、再就職のあっせんや心配もしていなかったという「不誠実さ」だった。任用更新は、任命権者である国の権利(裁量)であるが、13回も更新を続けてきた非常勤職員、「次も更新できる」と思い、職場に愛着を持った彼女に対しては、慎重に審議し、誠実に行う必要があると断じたのだった。
 即座に、この判決が、現在の霞が関で働く非常勤職員に当てはまるものではないと思いつつ、しかし、素晴らしい判決だ。

 ……で、夜9時半、ある独立行政法人との団体交渉を終えて、JR品川駅で「朝日」夕刊を買ったのだが、この記事はどこにも載っていなかった。 今日から連載が始まった吉田修一さんの小説「悪人」を読みながらJR新橋駅へと向かったが、丸一日経っても、僕のなかの興奮はおさまらなかった。

|

« 公務員総人件費削減への反撃を強めよう(声明) | トップページ | いま読んでいる本 »

コメント

 本日の「がぶり寄り」は、ほんとに良かったデス。
 だって、この裁判の原告の方、昨年の非常勤職員交流集会に来て発言されていたあの方デスものね☆☆
 正義は勝つ!ってこと教えられましたヨ。ありがとうございました。

投稿: カムイ伝 | 2006/03/26 午前 11時17分

 カムイ伝さん、コメントありがとうございました。
 明日30日、東京・渋谷で「勝利判決を報告する会」があります。僕は、大きな花束を抱えて参加します(笑)。

投稿: 国公一般担当者 | 2006/03/29 午前 10時11分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: たたかう人の笑顔:

« 公務員総人件費削減への反撃を強めよう(声明) | トップページ | いま読んでいる本 »