« 根深い公務における派遣法違反 | トップページ | 国の非常勤職員給与980億円、大半「物品費」で支出 »

2006/03/31

時間ともたたかい。

 フランスやイギリスやドイツで起きている巨大な労働者デモのうねり。韓国の労働組合の力強さ。国立情報学研究所で働いていた非常勤職員の「雇い止め」は無効判決の画期的さの分析。そして勝利判決を祝う会と二次会の素晴らしかった様子。連載の続きが途切れている「霞が関から数百人の非常勤職員が去る日」の記事、先週から今週にかけて敢行した3つの団体交渉、唯一残った原稿の締め切りが今日……、もう書きたいことが山ほどあるのにたくさんの仕事がある!!

 さっき、ある省庁で働く職員への突然の解雇通告という一報。
 団体交渉申入書(要求書)を書き書きして、ファクスで送る。これから、別の団体交渉。

 違法や不正とのたたかいと同時に、時間ともたたかいだ。

|

« 根深い公務における派遣法違反 | トップページ | 国の非常勤職員給与980億円、大半「物品費」で支出 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 時間ともたたかい。:

« 根深い公務における派遣法違反 | トップページ | 国の非常勤職員給与980億円、大半「物品費」で支出 »