« 働く者の恋人――労働条件通知書 | トップページ | ブログの可能性についての論文を書きました(笑)。 »

2006/01/25

明日も団体交渉です。

 いま、会議が終わりました。
 組合の会議は、本当に疲れますね~。でも、国家公務員の総人件費削減攻撃が強まるなかで春闘が始まり、いかに組織を大きくするのか……、真剣で率直な意見を交わし合うことが求められています。

 さて明日は、霞が関の職場で働く非常勤職員さんの解雇撤回を求めて、当局との団体交渉にのぞみます。絶対に負けられません。
 みなさん、当局が彼女の解雇理由としてあげたもの、何だと思います?

「若返り」
「人心一新」

 マジ……? はい、マジなんです(笑)。

 こんな理由では、もちろん解雇はできません。しかし、こんな理由を真面目に持ち出して解雇しようというところに、公務当局の時代遅れの認識というか、常識のなさがあらわれていると思いません? まったくアホらしい。
 昨年の暮れ、非常勤職員である彼女からの労働相談に乗っていて、僕は「まさか!」と驚き、そのあと、思い切り笑ってしまったほどですもん。

 しかし、油断は禁物。相手は、何を考えている?

 今日は、これから準備を整え、早く帰って寝ます。
 久しぶりに神様に祈ろう。 

|

« 働く者の恋人――労働条件通知書 | トップページ | ブログの可能性についての論文を書きました(笑)。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 明日も団体交渉です。:

« 働く者の恋人――労働条件通知書 | トップページ | ブログの可能性についての論文を書きました(笑)。 »