« 公務員を殺せと叫んでいる | トップページ | 人事院と各省は、セクハラを一掃せよ! »

2005/09/15

自分の言葉で語ること、書くこと

 前回の記事について、いろいろな方がコメントを寄せてくれました。
 本当にありがとうございます。いろいろな立場から、率直にコメントしていただけると、自分の思想と行動が客観化されて、今後に生かすことが出来ます。

 前回の記事は、僕のエピソードに加えて、ある新聞記者から送られてきたメールを、本人の了解を得て掲載したものでした。なぜ、こんなことをしたかというと、手抜きでもなんでもなくて、今回の総選挙の本質というか、非常に危険な側面が指摘されていると思ったからです。
 テレビのない生活をしている僕には、今回の総選挙でマスコミが面白おかしく「小泉劇場」を描くヒートアップぶりも、当の小泉首相の演説が国民の心を鷲掴みにしているという「魔力」もほとんど知らずに過ごしていたわけなのです。ですから、自民党圧勝という現実を前にして、僕自身の漠たる気持ちを表現する言葉が見つからなかったのです。記者の言葉は、ある程度、僕を納得させました。

 それを「気になった」さんが、「貴方の言葉で語れ」とコメントで批判されたわけです。そして、語る言葉には慎重にという注意も加えて。……なるほどと思いました。

 組合オルグの僕を含めて、いま労働組合から発せられる言葉は、組合員の心の底から出できたものではないと思うときがあります。組織率の低下は、組合発の言葉の力の低下と重なるのではないかと思います。建前論というか、機械論というか、とにかく詰まらない言葉の連続とオチの分かる展開……。これでは、未知なる人と理解し合うことはできませんよね。
 辻元清美的というか、鈴木宗男的というか、とにかく自分の言葉で語る人は、魅力的です。
 オルグをするとき、初対面の方を含めて、僕が滅茶苦茶に緊張するのは、相手にかける言葉が見つからないまま、食堂や喫茶店や日比谷公園へ向かうからです。相手は、どんな気持ちで電話をかけてきたのだろう? どんな苦しみを抱えているのだろう? と思い巡らしても、出てこないときがあるのです、言葉が、本当の言葉が……。

 今年一年、全力で頑張りますので、よろしくお願いします。

|

« 公務員を殺せと叫んでいる | トップページ | 人事院と各省は、セクハラを一掃せよ! »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自分の言葉で語ること、書くこと:

« 公務員を殺せと叫んでいる | トップページ | 人事院と各省は、セクハラを一掃せよ! »